掃除のコツ・バスルーム(浴室)編

ラクに掃除をするコツ・バスルーム(浴室)編
温度と湿度、カビにとっては栄養となる石けんカスなど。
カビが繁殖しやすい状態になりやすいバスルーム(浴室)は、
ちょっと気を抜くと黒カビだらけで、掃除が大変になってしまう場所です。
毎日のちょっとした掃除と湿気をこもらせない換気で、
いつでも素敵なバスタイムを過ごせる保ちましょう。


日常の掃除

体を洗う時や、シャンプーの時など、知らないうちにバスルーム(浴室)の壁に、
泡が飛び散ってしまっているのを放置すると、
その洗剤成分が黒カビの栄養になって、しだいに真っ黒・・・
なんてことになります。
溜まってしまってからカビ取りをかけるのは大変なので、
お風呂上がりにちょっとの手間をかけてカビ・水アカ防止をしましょう。
入浴後、まだ温かい残り湯を使ってスポンジでこすれば
湯垢などの汚れは洗剤なしでもきれいに落ちます。
そのうえで、2〜3日に1度くらいの割合で、
壁全体に浴室洗剤をかけて、水で流し、水気をとる作業をすると、
ほぼ完璧です。
水気をとるときに、
”ウインドワイパー”(ホームセンターで売ってます)
をつかうとかなり楽です。
また、使う洗剤によってもコツがありますが、
泡杖タイプの浴室用洗剤の場合は、
スプレーして20〜30秒おいてからスポンジで洗うのがポイントです。
また、浴槽が乾いている場合には、
とりあえずシャワーで浴室の壁全体を塗らしてから
浴室洗剤を振りまきましょう。
乾いた状態でこすると表面に傷がつく場合がありますし、
汚れが浮いてこずに余計に大変になります。


しつこい湯垢汚れ

壁の表面が白くなって、触ると”ザラザラ”しているならば、
その白いものは湯垢とみて間違いはないでしょう。
しかも触ってザラつく場合は、湯垢がこびりついている状態なので、
普通に洗剤をかけて、拭いて、流すの掃除方法では残ってしまいます。
そんなときには、パックの要領で湯垢を浮かせるのが良いでしょう。
まず湯垢がこびりついた所を水で濡らした後、
トイレットペーパーを二重くらいに重ね張り付けます。
その上から浴室洗剤を吹きかけるか、
浴室用洗剤をスプレーしてから台所用ラップを貼り付けて5〜10分程置きます。
すると、多少頑固な湯垢でも浮いてきますので、
湯垢が浮いてからスポンジで擦ると落ちやすくなります。
ただし、人工大理石や一部のポリ浴槽には洗剤をパックすると、
変色する場合があるので注意してください
シップしても落ちない汚れは、クリームクレンザーを使うのも手です。
金具や鎖もクリームクレンザーを歯ブラシにつけて磨くとすっきりします。
洗剤を使わずに水を含ませるだけで湯垢が落とせる
メラミン樹脂性のスポンジなどもあるので、利用すると楽です。


風呂釜の循環口

風呂釜にはいろんな種類があります。その中でも得に、
バランス釜や循環釜は、風呂釜内に湯垢がたまります。
日常の掃除のときには、循環口にホースで勢い良く水を流し込めばOKですが、
月に1回くらいは、雑菌の繁殖を防ぐ意味でも、
風呂釜洗い専用の洗剤を使って湯垢をすっきり落としましょう。
風呂釜洗い用の洗剤は1口用・2口用がありますので、
ご使用の風呂釜に合ったものを選んでください。


汚れ・カビの付きやすい場所

浴槽と隙間やユニットバスの継目などは、
弾力性のあるシリコン系充填剤で埋めてあります。
これを"シールされている"というのですが、
このシールは、特に防水の意味があり、
余計な所に水漏れが起こらないようにするものです。
このシール(シリコン系充填剤)はカビやすく
カビるとシールの中まで入り込んでとれなくなるので注意しましょう。
(カビ取り洗剤のCMで良く流れています。)
浴室の掃除の度に洗剤を歯ブラシにつけて軽くこすり洗いすれば、
カビの胞子を取り除くことができ、カビにくくなります。

カビがついてしまった場合は、
シリコンのカビが落ちると表記されているカビ取り剤を使います。
(根こそぎ取るってやつです)
付属のハケで塗るジェル状タイプや、スプレータイプなどがありますが、
どれも、洗剤をつけてからしばらく置くのがポイントです。
洗剤の説明書きの通りに時間を置いたら、水拭きか水洗いをしてください。
カビ取り洗剤は塩素系のものが多いですので、
吹きかけた後に他の洗剤をかけるなど、
他の洗剤と混ぜないように気をつけてください。
(体に有害な塩素ガスが出て、大変危険です。)
※カビがひどくてとれない場合は、シリコンのシールを剥がして、
シールしなおすという手もあります。


壁面などのタイル

まず、タイルを水で塗らしておいてから、
スポンジか雑巾に浴室洗剤をつけてこすります。
落ちにくい汚れは、塗らしてからトイレットペーパー貼り付け、
その上から浴室洗剤を吹きつける、”パック”をしてからこすると効果的です。
その後、シャワーで洗剤をながして、から拭きします。
タイルとタイルの間、目地の汚れは、
タイル目地ブラシにクリームクレンザーをつけてこすります。
(タイル目地ブラシはホームセンターに売ってます)
カビは塩素系のカビとり剤で、漂白して落とします。
液だれにくいジェル状やスプレータイプなど、様々なカビ取り剤がありますが、
どのタイプも目地につけたら、漂白されるまでしばらく置くのがポイントです。
その後は水洗いを忘れずにしてください。


ユニットバスの壁・床

ユニットバスの場合、浴槽も壁も床ほとんど同じ材質でできてますので、
基本的に全面同じように洗っていきます。
床面は転倒防止の意味もあり、凹凸がありますので、
汚れのたまりやすい溝の方向に沿って擦るのがポイントです。
タイル面と基本的に同じ洗い方で良いですが、
プラスチックに傷がつかないようにやわらかめのブラシを使ってください。


シャワーの掃除

浴室の壁面や床だけでなく、シャワーのホースやシャワーヘッドも、
月に一度くらいはきれいにしたいものです。
浴室用洗剤をつけたスポンジで全体をこすり洗いします。
ホースの凹んだ部分に湯垢・カビが入り込む場合が多いですので、
ホース部分の湯垢・カビは、歯ブラシで掻き出すようにして洗ってください。
落ちにくい場合は、
浴室用洗剤をつけたトイレットペーパーでパックしてから擦ると、
さらに湯垢・カビを浮かすことができて有効です。

シャワーヘッドの細かな部分も、結構湯垢・カビがつきますので、
歯ブラシで洗うとすっきりします。
目詰まりをしている場合は、針などの先で傷をつけないように、
気をつけながら穴をつつけば直ります。
(シャワーの穴をふさぐことの無いように気をつけてください)


床面のタイル

残り湯やシャワーのお湯をかけて汚れをざっと流した後、
浴室用洗剤をつけたタイル用ブラシ(デッキブラシ)で擦ります。
汚れがひどい場合は、浴室洗剤つけて10分くらい置いて、
汚れを浮かせてから擦ってください。
それでも落ちない場合は、クリームクレンザーを使います。
タイルとタイルの間、目地の汚れは、
タイル目地ブラシにクリームクレンザーをつけてこすります。
(タイル目地ブラシはホームセンターに売ってます)
カビは塩素系のカビ取り剤で、漂白して落とします。
液だれにくいジェル杖やスプレータイプなど、様々なカビ取り剤がありますが、
どのタイプも目地につけたら、漂白されるまでしばらく置くのがポイントです。
その後は水洗いを忘れずにしてください。

また、台所で食器等の漂白に使用した液を
浴室の床に流すようにすれば、カビ防止になり掃除が楽になります。
漂白液を流して、しばらく置いてから水洗いしてください。


たまには天井も・・

浴室の天井も体を洗っている時の洗剤カスが飛んでいる
場合がありますので、月に1回くらいは拭き掃除を行いましょう。
浴室の天井を拭き掃除するときには、
長い柄付きのスポンジを使うと楽です。
天井や壁の高い部分にカビ取り剤を塗る場合も、
直接スプレーをすると体にかかる危険性がありますので、
長柄のスポンジ部分に漂白液を染み込ませて塗ると良いでしょう。

ホーム
便利堂ロゴ
inserted by FC2 system